読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナ禁に惚れ込んだ男のオナ禁日記365日

オナ禁をしながら自分自身を高めていく様子が描かれている日記。

オナ禁生活325日目・・・ちっぽけな、永遠の一人勝ちを求め続けて

「上には、上がいる。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今になって、

 

 

 

このことが

 

 

 

 

 

 

1番受け入れたくない最大の事実

 

 

 

 

だったと気付く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の思考パターンを見ることの

 

 

 

 

重要性は

 

 

 

 

 

 

前から知っていた。

 

 

 

 

 

例によって、

 

 

 

知っていたままにしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、

 

 

 

書けるだけ

 

 

書いてみる。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供のころから、

 

 

 

ずっとだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、1つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

1つで、いいんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1つ、

 

 

 

 

他の人より

 

 

 

 

 

優れている存在であり続けたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1つ、

 

 

 

 

自分の中で

 

 

 

 

 

 

納得していたことを

 

 

 

 

続けていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

周りでやっている人のことは

 

 

 

さほど気にしていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

男女問わず、

 

 

 

そのことだけは

 

 

 

 

 

 

 

どこかで

 

 

 

1番だと思っていた。

 

 

 

 

 

 

 

思っていたかった。

 

 

 

 

 

 

それがあれば

 

 

 

 

家族や友人から

 

 

褒められ続けるし、

 

 

 

 

 

 

 

ゲームとか

 

 

 

他の好きなことで1番じゃなくても

 

 

 

 

 

 

そんなにこだわっていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現実を目の当たりにしてから、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬で

 

 

分かる実力差。

 

 

 

 

 

 

今までの自分を

 

 

 

 

真向から否定されたと無意識に思うほどの屈辱。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その体験から

 

 

 

 

 

今思えば

 

 

 

 

 

 

驚くほど

 

 

 

 

 

 

毎回同じ、

 

 

 

 

ワンパターンな思考で

 

 

 

 

 

 

 

生きてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他に

 

 

 

 

自分の居場所を!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

居場所なんだ。

 

 

 

 

 

 

今まで

 

 

 

 

やってきた自分の経験は

 

 

 

 

奪われることなんかないのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

越えようとしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できればいいレベルにとどまって、

 

 

 

 

 

あっさりと

 

 

切り替える。

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐさま

 

 

 

 

自分はここだ!!

 

 

 

 

 

 

と言い出して

 

 

 

 

 

 

誰にも言わない、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で満足するだけの

 

 

 

 

 

 

1番になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上辺だけ仲良しで

 

 

 

 

 

 

どこまでも

 

 

 

 

 

 

 

1番と思い続ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

ここまで

 

 

 

書いてて

 

 

 

 

 

 

悔しくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということは、

 

 

 

 

誰かと

 

 

 

 

同じ好きなことで共感したとき、

 

 

 

 

 

 

 

上からか、下からか。

 

 

 

 

 

対等に話せなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きに

 

 

 

上も下もないだろう。

 

 

 

 

 

 

それでも

 

 

 

 

そう思っている自分がいる。

 

 

 

 

 

 

1つだけあってほしい、1番。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~あしたにつづく~

 

 

 

今日のオナ禁手帳。

今日、仕事でまさに一人勝ちが崩された。そう思いたくない中、やってきたが、下からになってしまった。どれも崩されるポイントが、自分と明らかに次元が違いすぎると感じた時だ。

 

 

 

 

モテる男のための禁欲マニュアル『断射プログラム』オナ禁でフェロモンとオーラを搭載した男に進化せよ!